F

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でもできるプログラミング入門⑤「累乗計算自動化ツール(配布有)」

前回電卓を作るといいましたが
予定を変更して累乗計算自動化ツール
を作成していきたいと思います

文字数すごい多くなるので 追記のほうに書いていきます
この記事のタイトルの部分をクリックしてください 今回は新しくファイルを作ってやります
HSPフォルダーのなかにno1という名前のフォルダーを作って
おいてください あとでファイルを保存します


screen 0,480,270;ウインドウサイズ制御
title "累乗を求めるツール";タイトル変更
font "MS ゴシック",70;文字サイズ変更
pos 30,60;入力ボックスの位置指定
objmode 2;文字サイズ変更を入力ボックスに適用
objsize 200,100;入力ボックスの大きさ
input kazu;入力ボックスを作る kazuは累乗を求めたい数の変数
font "MS ゴシック",30;文字サイズ変更
pos 250,50;入力ボックスの位置指定
objmode 2;文字サイズ変更を入力ボックスに適用
objsize 100,50;入力ボックスの大きさ
sisuu=2;指数を入れる変数を作成
input sisuu;入力ボックスを作る sisuuは指数の指定する
pos 270,150;ボタンの位置
objsize 200,50;ボタンの大きさ
button "スタート",*計算;ボタンが押されたらstartへ移動
font "MS ゴシック",15;フォント変更
pos 220,230;文字の位置
mes "結果→";文字表示
pos 270,230
objsize 200,30
input kekka;結果を表示
stop;ボタンを押すまで処理を止める
*計算
repeat sisuu;指数の数だけloopに戻る
kekka=kazu*kazu;kekkaにkazu×kazuの結果を代入させる
wait 1;repeatとloopの間にwait入れないとフリーズ
loop;リターンに戻す
;ここから↓指数を2固定にならないようにする
screen 0,480,270;ウインドウサイズ制御
title "累乗を求めるツール";タイトル変更
font "MS ゴシック",70;文字サイズ変更
pos 30,60;入力ボックスの位置指定
objmode 2;文字サイズ変更を入力ボックスに適用
objsize 200,100;入力ボックスの大きさ
input kazu;入力ボックスを作る kazuは累乗を求めたい数の変数
font "MS ゴシック",30;文字サイズ変更
pos 250,50;入力ボックスの位置指定
objmode 2;文字サイズ変更を入力ボックスに適用
objsize 100,50;入力ボックスの大きさ
input sisuu;入力ボックスを作る sisuuは指数の指定する
pos 270,150;ボタンの位置
objsize 200,50;ボタンの大きさ
button "スタート",*計算;ボタンが押されたらstartへ移動
font "MS ゴシック",15;フォント変更
pos 220,230;文字の位置
mes "結果→";文字表示
pos 270,230
objsize 200,30
input kekka;結果を表示
stop;ボタンを押すまで処理を止める


はいここまでをHSP上に入力してください
ここから命令の説明

まずはpos命令 pos 100,50などの形式で使用します
文字やボタンなどのの位置を指定します
この場合 一番左上から右に100ピクセル,下に50ピクセルいったところに
設置させるということになります
これを座標といいます
次にobjmode命令
今回はobjmode 2という形で使用しています
objmodeで2を指定することによりオブジェクト(ボタン、入力ボックス)の文字フォントに
font命令で指定したフォントが使えるようになりました
続いてobjsize命令
objsize命令はオブジェクト(ボタン、入力ボックス)
のサイズを指定する命令です
objsize 100,200
だったら横100ピクセル,縦200ピクセルを大きさに指定します

またpos命令やobjsize命令やobjmode命令は
指定の対象にしたいオブジェクトの前においてください
*複数置くことも可能


次はinput命令です
input kazu
上の場合,変数 kazu の中身を表示
そして変更できる入力ボックスの作成
objsize命令でサイズ指定 objmodeでフォント指定など
posは場所の指定などができます
あとbutton命令
button "ボタンだよ",*hazime
この場合"ボタンだよ"の中身を変更することでボタンに表示される文字
を変更することができます
*hazimeの部分はボタンを押したとき飛ぶ場所を指定します
*saishoなら*saishoに移動します
buttonの後はどこかにstopを置いてください
stopは処理を停止させる命令です
stopを置かないとbuttonを押すのを待ってくれませんww
今回はbuttonの後にinput命令を置いてますが
そのあとにstop命令を置いてるのでokです
最後に四則計算について *重要です

たとえば
z=x+y
でzにxとy足した結果を代入させています
+で加法(足し算)
-で減法(引き算)
*で乗法(掛け算)
/で除法(割り算)
が求められたりします
また\で除法の余りを求められます


説明は以上です
ここで作ったツールをEXE(配布できる形式(ソフトにする)方法は
こちらの記事にまとめておきました
お疲れさまでした
次回は条件分岐をやっていきたいと思います・・
電卓また延期・・・すみません
ダウンロードはこちらから
ダウンロードパスワードはhurikakeです
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最新記事
最新コメント
月別記事

2015年 03月 【1件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【16件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【30件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2005年 03月 【1件】
2000年 01月 【4件】

ドロップダウンカテゴリリスト
プロフィール
wasyoku_himono.png
プロフィールはこちらご覧ください
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑ぽちっとしていただけたら励みになります

ブロとも申請フォーム
お知らせ
当ブログはAmazon.co.jpアソシエイトに参加しており amazon.co.jpを宣伝することにより発生した報酬で運営されています また、情報には万全を期していますが,情報に不備がある場合がございます その場合,当サイト管理人は責を追いかねます また、当サイトで公開しているプログラムを使用して発生した損害の責に関しましても責任を 追いかねます ご了承ください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。